会社紹介

AgICについて

AgIC(エージック)は、「印刷技術でものづくりを早く、安く」という理念のもと、電子回路の製造技術を根本から変えるスタートアップです。

電子回路は文字通り社会の基盤であり、世界のあらゆる場所に埋め込まれています。半導体技術や通信技術などの発展により、人間を取り巻く電子機器が劇的に増えていく一方で、電子回路の製造技術自体は大きなイノベーションがないまま50年以上が経過しました。

これまでの電子回路は、フォトリソグラフィと呼ばれる、全面に金属を貼った上で、不要な部分を溶かすという手法で作られてきました。しかしフォトリソグラフィでは、材料の多くが無駄になるためコストがかかり、環境にも悪いという問題がありました。

そこで我々が提案しているのはそれとは全く逆の発想で、必要な部分にのみインクジェットで金属を印刷し、さらにめっき技術で金属を成長させるという製造方法です。これにより、必要な材料、工程が削減されることで大幅なコスト削減を実現しました。また初期費用が不要なオンデマンド製造方法であるため、特に少量試作ではコストを5分の1以下に抑えることができます。

我々は現在、このインクジェット印刷による基板製造という今後急激に拡大する業界において、世界トップの技術を持っています。我々はこの技術を用いて、世界中のものづくりを加速させていきます。

メンバー

Shinya Shimizu
清水信哉
代表取締役社長
経営・開発
2012年に東京大学大学院情報理工学研究科で工学修士取得、その後マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、主に製造業のコンサルティングにあたる。高校2年生時に4bit CPUの設計をするなど回路設計歴は長い。大学では大規模自然言語処理の研究を行いつつ、電気自動車製造サークルを創設し、機械設計・製造にもあたる。2014年1月にAgIC株式会社共同創業、代表取締役社長就任。社内では経営に加え、設計、調達、生産技術なども担当。
Masaaki Sugimoto
杉本雅明
取締役
営業
2012年に東京大学大学院理学系研究科で理学修士、在学中の2008年にサイエンス・カフェLabCafeを創業し、現在も操業中。2012年にはARビリヤード制作ベンチャーOpenpoolを創業。東京大学エッジキャピタルUTECでのインターン経験もあり、スタートアップ界隈での経験・人脈は広い。2014年1月にAgIC株式会社共同創業、取締役就任。社内では営業、新規事業開拓を担当。

アクセス

住所:113-0033, 東京都文京区本郷 5-25-18 ハイテク本郷ビル 1F

東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線本郷三丁目駅より徒歩3分ほどです。

お問い合わせ

フレキシブル基板 AP-2 についてのお問い合わせ fpc-sales@agic.cc
ビジネスのお問い合わせ contact@agic.cc
購入済製品に関するお問い合わせ order_ja@agic.cc
その他のお問い合わせ hello_ja@agic.cc
代理店経由での注文をご希望のお客様

AgIC製品・サービスの代理店経由での注文をご希望のお客様は、販売代理店の愛三電機(株)よりご購入ください。先払いもしくは代引きをお願いする場合もございます。

販売代理店 愛三電機(株)
担当 営業1課 伊藤(龍)、畠山
メールアドレス sales1@aisan.co.jp
電話番号 03-3253-3611
Fax番号 0120-21-3611
URL http://www.aisan.co.jp

会社概要

名称 AgIC 株式会社
代表 代表取締役 清水信哉
設立 2014 年 1 月
資本金 2億4070万円(資本準備金を含む)
社員数 12名
所在地 東京都文京区本郷 5-25-18, ハイテク本郷ビル 1F
URL https://agic.cc/
メールアドレス contact@agic.cc
事業内容 プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、サービス提供